Related Posts with Thumbnails

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「居心地のいい家」=「Cocoon」

こんにちは。Real Estate Cocoonの助手です。

今日も遊びにきてくださいまして、ありがとうございます。

なかなか先に進まない「Real Estate Cocoonの雑記帳。」ですが(^^;;
あとちょこっとだけお話しておきたいことがあったので、今日も本題に入れません・・・

それは、Real Estate Cocoonが、なぜ「居心地のいい家」という言葉にこだわっているのかということです。
弊社サイトの会社概要のところにも書いてあるのですが、
社名「Real Estate Cocoon」の「Cocoon」には「居心地のいい家」という意味もあり、
お客様ひとりひとりにマッチした家探しを一緒にさせていただきたいっ!
お客様の「居心地のいい家」探しをお手伝いしたいという気持ちから付けた社名です。
なので、この雑記帳。を読んでくださっている皆様には、ぜひとも「居心地のいい家」を見つけていただきたいのです。
なので、せっかく付けた社名にちなんで、ここでは「居心地のいい家」を探すことを目標にして、
そのために知っておいた方がいいと思うようなことを書いてゆこうと思います。


一般的に、住宅取得は一生に一度という方がほとんどではないかと思います。
それだけ大きな買い物なのに、いや大きな買い物だからこそ分からないことが多すぎるのです。

従前の住宅の探し方は、
*新聞の折込チラシや住宅情報紙などを見て、不動産屋さんに問い合わせをする。
*現地販売会をする不動産屋さんが自宅にチラシを投函して、それに興味をもって見に行く。
など、あまり情報がない状態で不動産屋さんに行って、物件を紹介してもらいます。

*でもその問い合わせをした不動産屋さんのことも実はよくわからない。
*この物件ははたしていい物件なのかどうかよくわからない。
*もしかしたら、もっといい物件があるのに隠しているのかもしれない。
などなど。
なにもかもが「???」になってゆけば、当然不安が募ってゆきます。

本当にお客様のために働いている信頼できうる不動産屋さんもいれば(ちなみに大多数の不動産屋さんはこちらです)、悲しいことに、お客様から連絡がくれば「カモがネギしょってやってきた!」的な扱いをする業者もいます。
でもそれは看板に書いてある訳でもないし、営業マンの顔に書いてある訳でもないので全くわかりません。
そんな不安いっぱいの中でも、ようやくというかなんとかというか、やっとのことで家を購入にこぎ着けます。しかし、そんな疲れきった家探しの後では、(普通であれば)ほんのささいなことが大きなトラブルになり、それでカモネギ業者の悪いうわさは広まってゆきます。

それがいつの間にやら本当の内容はカモネギ業者のことだったはずなのに、
いつの間にやら「不動産屋さんって・・」と全体のことになってしまい、

あげくの果てには

不動産屋さん=悪い人

という図式が成立してしまっているのです。

しかし最近ではインターネットで、ご自分で物件探しをすることができるようになりました。
そして、不動産屋さんもどんな感じなのかなぁ?とご自分でいろいろと調べることができるようになりました。
これってとてもいいことだと思っています。
予備知識は持っていた方がいいと思います。(最低限のご自分が興味のあることだけでもかまいません。他のわからないことは信頼のできる不動産屋さんに、なんでも質問・相談すればいいのですから・・)

お客様と不動産屋さんのキョリが少しでも縮まればいいなぁ。と思います。

そんなことにちょっとでもお手伝いできれば幸いです・・・



次回からは、本当に本題にはいります・・・(^^;;
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

real.cocoon

Author:real.cocoon
東京23区内のリノベーションマンション・ヴィンテージマンションを仲介手数料無料でご紹介している株式会社Real Estate Cocoon(リアルエステート コクーン)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ
リンク
Real Estate Cocoon Inc.(リアルエステート コクーン)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。