Related Posts with Thumbnails

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すまいの条件とは?


こんにちは。ご無沙汰してしまって申し訳ございません。

今日は住まい探しの第1ステップ。「住みたい家の条件」ってどんなこと?ということを書こうと思っています。

まず住まい探しを始める時には、もちろん希望する条件がいくつかあるとは思うのですが、

漠然と「いい家ほしいなぁ~」という感じで始められる方も多いと思います。

いざ「住みたい家の条件」ってなに?と考えた時に、いったいどんなことを条件にすればいいのかがよくわからないことも多いと思います。

今日は「住みたい家の条件を整理する8つのポイント」を書きます。

もちろん住みたい家は人それぞれ。なので条件もそれぞれです。

もしも漠然と「いい家ほしいなぁ~」と思っているときの条件設定の目安にしていただければと思います。

条件1:家の種類
新築一戸建て・中古一戸建て・新築マンション・中古マンション・注文住宅・とりあえず土地のみ
など、住みたい家の種類です。

条件2:希望価格
とりあえずご自身では「このくらい」の価格で希望しているというもので結構です。
実は「住みたい家=買える家」ではないこともあります。
いろいろとお話をして、具体的な価格設定をしてゆきたいと思っています。

条件3:間取り
3LDKや4LDKというのが間取りです。家族の人数などによっても変わってくると思います。

条件4:希望エリア
エリアのポイントに優先順位を付けておいたほうがいいと思います。
最寄り駅・小学校や中学校の学区などが希望エリアのポイントになります。

条件5:日当り・風向き
実は、南道路=日当りが良いというわけでもありませんし、北道路でも日照が確保できることもあります。
この条件は、いいにこした事がない条件ですので、後は実際に現地を見学しての判断になります。

条件6:土地の広さ
絶対に30坪以上とか、多少狭くても駅に近い方がよい、カースペースは必ず2台以上など、
希望することがあればまとめておいた方がよいです。

条件7:建物の広さ
条件3の間取りと関連性があります。

条件8:周辺環境
スーパー・学校・病院・公共施設の有無などです。
車の利用が多いので幹線道路近くがいいとか、多少交通の便はよくなくても静かな環境がよいなどといったことがあります。


上記の条件はすべて設定する必要もありません。(条件を出しすぎると、もちろん的はどんどん小さくなります・・・)

しかし、希望エリア・価格・間取りくらいは考えておいた方がいいと思います。

後の条件は優先順位を決めておくことにして、その都度考慮していくようにしたほうが

よい物件にめぐりあえる確率も高くなります。

スポンサーサイト
プロフィール

real.cocoon

Author:real.cocoon
東京23区内のリノベーションマンション・ヴィンテージマンションを仲介手数料無料でご紹介している株式会社Real Estate Cocoon(リアルエステート コクーン)です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ
リンク
Real Estate Cocoon Inc.(リアルエステート コクーン)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。